Linked Horizon – 憧憬と屍の道 – 酷歌词

[00:00.42]Linked Horizon – 憧憬と屍の道

[00:03.35]作词:Revo

[00:04.01]作曲:Revo

[00:22.44]あの日人類は思い出した

[00:25.17]薄闇の中進む影は

[00:27.70]誰も心許なく

[00:30.51]不確かな未来は何時だって

[00:33.09]薄氷の上に咲く

[00:35.89]夜が訪れる度に幾度も

[00:38.51]冷たい手で俺達の首筋を

[00:42.22]優しく撫でた

[00:46.75]黄昏を裏切って

[00:49.43]灯る希望の背に縋り

[00:52.38]追いかけた 地獄へと

[00:54.96]向かってると知っても

[00:58.82]夢の続きが見たいなら

[01:01.52]お前は何を差し出せる

[01:04.26]悪魔は甘く囁いた

[01:07.04]屍で道を造れ

[01:09.46]この壁の向こうに何がある

[01:12.25]幼き日々に憧れた

[01:14.98]真実がすぐそこにある

[01:17.84]屍の道の先に

[01:20.53]箱庭で繰り返す

[01:23.01]悼みと恨みのループ

[01:25.79]流れこむ記憶の果て

[01:28.38]自由の意味を問う

[01:30.72]嗚呼 可能性に満ちていた

[01:33.25]筈の少年達の器に

[01:36.22]運命は其々

[01:37.77]何を吹き込んだ

[01:41.10]それは 誰の悲願か

[01:43.48]誰の夢か

[01:44.80]悲しみ憎しみが交わって

[01:47.58]紅蓮の矢は互いを目指す

[01:52.81]鳥の翼に憧れた

[01:55.45]人は空へと羽ばたける

[01:58.18]悪魔は狡く嘯いた

[02:00.94]屍よ道を辿れ

[02:03.36]この空の向こうに何がある

[02:06.24]幼き日々に囚われた

[02:09.02]昔日の灯が照らし出す

[02:11.71]屍の道の先を

[02:14.60]空の上から見たら

[02:18.10]一体何が見えるのだろう

[02:22.47]ここではない何処かへ

[02:26.50]行ってみたかった

[02:30.30]幼き日に夢見た

[02:34.29]広い世界の果てには

[02:38.73]目眩を覚えるほどの

[02:42.33]不条理が潜む

[02:45.75]自由を夢見た代償は

[02:50.63]冷たい土のベッド

[02:54.44]時に神の姿借りて

[02:56.80]正義は牙を剥く

[02:58.93]檻の中も檻の外も

[03:00.99]等しく地獄か

[03:33.90]罪の重さを背負うほど

[03:36.67]踏み出す足に意味がある

[03:39.43]悪魔は低く呟いた

[03:42.06]屍の道を進め

[03:44.58]この闇の向こうに何がある

[03:47.39]幼き日々に呪われた

[03:50.14]現実は何時報われる

[03:52.77]屍の道の先で

[03:55.59]紅蓮の衝動が

[03:56.32]駆け抜けた軌跡

[03:58.24]自由への覚悟を散らして

[04:00.86]捧げられた花弁を束ねても

[04:03.46]手向けるべき真の暁には

[04:05.06]早すぎる

[04:06.40]太陽はまだ

[04:07.69]沈んでいないのだから

[04:11.45]進み続ける 波の彼方へ

Linked Horizon – 憧憬と屍の道
作词:Revo
作曲:Revo
あの日人類は思い出した
薄闇の中進む影は
誰も心許なく
不確かな未来は何時だって
薄氷の上に咲く
夜が訪れる度に幾度も
冷たい手で俺達の首筋を
優しく撫でた
黄昏を裏切って
灯る希望の背に縋り
追いかけた 地獄へと
向かってると知っても
夢の続きが見たいなら
お前は何を差し出せる
悪魔は甘く囁いた
屍で道を造れ
この壁の向こうに何がある
幼き日々に憧れた
真実がすぐそこにある
屍の道の先に
箱庭で繰り返す
悼みと恨みのループ
流れこむ記憶の果て
自由の意味を問う
嗚呼 可能性に満ちていた
筈の少年達の器に
運命は其々
何を吹き込んだ
それは 誰の悲願か
誰の夢か
悲しみ憎しみが交わって
紅蓮の矢は互いを目指す
鳥の翼に憧れた
人は空へと羽ばたける
悪魔は狡く嘯いた
屍よ道を辿れ
この空の向こうに何がある
幼き日々に囚われた
昔日の灯が照らし出す
屍の道の先を
空の上から見たら
一体何が見えるのだろう
ここではない何処かへ
行ってみたかった
幼き日に夢見た
広い世界の果てには
目眩を覚えるほどの
不条理が潜む
自由を夢見た代償は
冷たい土のベッド
時に神の姿借りて
正義は牙を剥く
檻の中も檻の外も
等しく地獄か
罪の重さを背負うほど
踏み出す足に意味がある
悪魔は低く呟いた
屍の道を進め
この闇の向こうに何がある
幼き日々に呪われた
現実は何時報われる
屍の道の先で
紅蓮の衝動が
駆け抜けた軌跡
自由への覚悟を散らして
捧げられた花弁を束ねても
手向けるべき真の暁には
早すぎる
太陽はまだ
沈んでいないのだから
進み続ける 波の彼方へ

Ice Paper – 小白船 – 酷歌词
于贞 – 放肆爱 – 酷歌词
Tác giả

Bình luận

Leave a Message

Registration isn't required.

Inform INC News - Breaking News, Latest News and Videos